お知らせ

de:code 2019 Minecraftブースに出展協力しました

ユニプロでは、先日5月29日、30日にザ・プリンス パークタワー東京にて開催された、マイクロソフト社主催のde:code 2019のMinecraftブースにて出展協力をさせて頂き、Minecraftのご案内とユニプロの講座のご案内をさせて頂きました。

EXPOエリアのMinecraftブースに出展

私たちは、マイクロソフトのテクノロジーを実際に体感することができるEXPOエリアのMincraftのブースにて、MinecraftのEducation Editionのご案内をさせて頂きました。来場者の方に、化学機能などEducation Editionにしかない機能を実際に体験して頂いたり、学校教育の現場に導入された事例のご案内をさせて頂くなど、Mincraft × 教育についてより深く知って頂く機会となりました。

↑講座のパンフレットを配布させて頂き、多くの方に活動を知って頂く機会となりました。

講演会に参加

基本的には2日間ともMinecraftブースにいることが多かったのですが、空いた時間でプログラミング教育に関わる講演にも参加しました。

未来を生き抜く子どもの教育、マインクラフトで扉を開くコンピューターサイエンスの学び。


2日目の午前に拝聴した講演です。
Minecraftの歴史やMinecraft Education Editionの紹介だけではなく、売上本数が世界一になったことについてやMincraftEarthについてなど最新のトピックについても紹介されていました。また、今の時代はMinecraftを極めれば仕事になる時代ということで、日本初のプロマインクラフターの方がその腕前を披露されていました。


こちらはプロマインクラフターの方がMincecraft上で再現された新幹線です。こういったMinceraft内で作成したオブジェクトは3D形式で出力することができるため、Powerpointなどoffice内に埋め込んだり、ARで表示させてみたり、3Dプリンターで出力したりと様々な方法で利用することができます。

今、教育でこそ Minecraft を使うべき 10 の理由

*写真撮り忘れました。

こちらは、EXPOオープンシアターでの講演で、小学生のお子さん2名と高校生の生徒さんもゲストで参加していました。高校生の生徒さんは、学校の校舎をMinecraft内で再現するというテーマに対して、チームでどのような工夫をして進めていったか、詳しくお話されていました。お話から、課題に対して前向きに積極に取り組み問題解決に繋げている姿が伺えて、Minecraftを教育に使う際のメリットや有用性を感じることができる講演内容でした。

URL
TBURL
Return Top