プログラミング教育

Scratchってなに?

Scratch(スクラッチ)というソフトをご存知ですか?

Scratchとはマサチューセッツ工科大学が開発したプログラミング言語のことです。

無料でインストールすることができ、ほかの言語に比べて、視覚的でプログラミングの仕組みを理解しやすいことから、プログラミング入門に適していると言われています。

では、そのScratchを使うことでどのようなことができるのでしょうか。

Scratchでできること

Scratchを使うことで様々なゲームやアニメーションを作ることができます。

コンピューターに対する命令が全て『ブロック』として視覚化されており、どのブロックがどのブロックにあてはまるかが一目瞭然なため子どもでも簡単にコンピューターへの命令、つまりプログラミングができるようになります!

そしてこのブロックは「見た目」について書かれたブロックや「動き」について書かれたブロックなど、合計8種類の項目に分けられており、幅広い動作を実現可能にします。

そのため子どもの個性豊かな想像力のままに作品を創作する可能です。

Scratchがプログラミング入門なのはなぜ?

Scratchをプログラミング入門に用いることで仕組みが理解しやすくなるとはどういうことでしょうか。

例えば基礎的な知識で作ることができるシューティングゲームを作るとします。

黒い画面に専門的な文字がずらーっと並ぶようなほかのプログラミング言語では複雑な仕組みを組み立てなけれなりませんが、Scratchの場合、8種類のブロックを組み立てるだけで簡単にシューティングゲームを作ることができます。

つまり、ほかのプログラミング言語でプログラミングよりも、Scratchは仕組みが単純かつプログラミングの基礎の部分をしっかり押さえているのでプログラミング入門として適しているのです!

URL
TBURL
Return Top